ホワイトニングを行なうと清潔感のある印象になる

初期の虫歯

歯科

港区にある歯科で行われる虫歯治療は、その症状の度合いによってどういった治療を行なうのかが変化します。虫歯の状態はC1からC4までの4段階に分けることができますが、数字が低いものほど症状は軽いです。C1の段階の場合は自覚症状がほとんどなく、表面が少し溶け出している程度です。子どもの歯の場合はまだ歯に厚みや強度があまりないため少しの虫歯でも痛みが出ることがあります。大人になると歯が丈夫になるため初期段階ではほとんど痛みを感じなくなりますが、それはいいことばかりではありません。自覚症状がないと虫歯を放置してしまうこともあるので、歯科に行くのが遅くなる人も港区には多いです。悪化すると痛みが酷くなりますし治療費もかかるので、早期発見のため定期的に港区の歯科で検査を受けるようにしましょう。虫歯の次の段階はC2ですが、象牙質と呼ばれる部分まで侵食されている状態のことを指します。この段階では熱いものを口に含んだだけでは痛みが出ませんが、冷たいものの場合痛みを感じるようになります。痛みが出るようになってもまだ神経までは達していない状態なので、歯科で簡単な治療を受けることによって治すことが可能です。C1とC2の段階までは治療方法が同じで、虫歯に侵食された部分を削りとってそこを金属などで補います。この奥歯の場合は金属で塞いでも目立ちにくいですが、手前の歯だと口を開けたときに目につきやすいので、気になるという人は港区の医師に金属以外での治療を依頼しましょう。料金は金属よりも高くなりますが、見た目が美しい仕上がりになります。