HOME>Column>介護福祉士は派遣でも働ける!派遣だからこそできる働き方

介護福祉士は派遣でも働ける!派遣だからこそできる働き方

男性たち

求人に乗っている雇用形態

介護福祉士に関しましては、国家資格のため、正規雇用社員でないと雇い入れがないとイメージしている声も多いでしょう。しかし、そうとは言い切れません。 派遣やアルバイト求人も多くありますので、自分自身の生活環境に応じて、資格並びに経験を生かして勤めることができます。資格は保有しているけれど、家の事情があって正規雇用社員では勤務することが難しい場合でも、資格を活かし勤務し続けることが可能です。正社員ではない雇用形態としましては、バイトがあります。一般的に考えて、正規雇用社員のことを常勤そして、バイトのことを非常勤といった呼び方をすることになります。給料は、仕事に従事する事業所や役職それから、正社員もしくは非正社員かなど雇用形態によっても違いますが、一般的に考えて介護施設において勤務する正規職員の月給は手取りが15から17万円位になります。

女性

派遣で働くことの魅力とは?

介護福祉士が派遣の状態で業務につく魅力のひとつとして、会社の仲介の下で交渉をしてくれることがあげられます。一人ではとても難しい就業条件の交渉に関して、この形で勤めると仲介に入って話し合ってくれます。 主婦の状態でパートタイマーという身分で勤務するぐらいなら派遣で勤務したほうが良いでしょう。 また、時給が高いこともメリットのひとつです。 時給は1000円をオーバーするのは普通です。高いケースでは、1500円以上支給されるケースがあります。 さらに会社によって福利厚生が備えられている会社もあります。 それに加えて、介護派遣に関しては、サービス残業が無いといえます。その理由は、時給が高いというのが背景にあります。 従いまして、残業そのものもあまり多くないです。 介護派遣はボーナスがありませんので年収額そのものは正規雇用社員に比べて低いですが、1時間の賃金で割り出したら正規雇用社員よりもお得です。