ホワイトニングを行なうと清潔感のある印象になる

金属を使わない

白い歯

金属アレルギーの人の場合はインプラントの治療に金属を使用すると、金属が溶けて全身にアレルギー反応が出る危険性があります。大阪ではそうした人でも受けられるように、金属を使用しない治療を行なっています。

More...

口内環境をきれいにする

歯医者

三鷹では歯の健康を保つために予防歯科が行なわれています。トラブルが起こる前の歯に施術を行なうことで虫歯などを未然に防ぐことができるのです。特殊な機器を用いて掃除を行なうので、こびりついた歯石もきれいに落とせます。

More...

初期の虫歯

歯科

虫歯は初期の段階では痛みが伴わないことが多いため、自覚することが難しいです。発見が遅れると痛みが伴うようになり治療方法も難しくなるので、なるべく早く港区の歯科に行くことが大切です。

More...

まずは状態を調べる

歯型

歯磨きを毎日行なっていても歯が黄色みがかってしまう人は多くいます。歯に色がつく原因はコーヒーや紅茶、タバコなどに含まれる色素が歯に沈着してしまうからです。一度沈着してしまった色素は普通の歯磨きではなかなか白くなりません。黄色い歯をしていては相手から歯磨きをあまりしていないように思われることもあり、コンプレックスに思う人が多いです。歯を白くしたいと考えるなら歯科でホワイトニングの施術を受けましょう。歯科で行なうホワイトニングでは、専用の薬剤や機器を使用するので短期間でホワイトニングの効果を実感することができます。接客業を行なう人の場合は特に人から口元を見られる機会が多いものですが、ホワイトニングの施術を受けることで清潔感のある見た目になるので相手からいい印象を持たれます。
ホワイトニングの施術方法は、歯に薬剤を塗って特殊な光を当てるというものです。以前は刺激の強い漂白剤を使用していましたが、最近ではそれも改善されていて、多くの歯科で体に優しい薬剤を使用しています。では、施術を行なうときの流れについてですが、初めにカウンセリングを行ない歯の状態を調べることから始まります。ホワイトニングに使用する薬剤の強さや種類によって結果には違いが出ますが、もともとの歯の色とどのくらいまで白くしたいのかを比べて医師が薬剤を選びます。このときにはカラーチャートを使用して判断するので人による誤差を減らすことが可能です。どの薬剤を使って施術を行なうのかが決まった後には歯のクリーニングを行ないます。この手順は省くことも可能ですが、丁寧にクリーニングを行なうことでより高い効果を得ることができます。